Slow Informatics Laboratory Get in Touch

Get In Touch

当研究室への配属を希望される方,研究プロジェクトにご関心のある方,共同研究をご希望の方は,下記フォームよりお問い合わせください.

Query Priming

クエリプライミング

注意深いウェブ情報探索を活性化させる新しい検索インタラクションとして,認知心理学の知見に基づくクエリ推薦システム「クエリプライミング」を提案・開発した.クエリプライミングは,「証拠」や「比較」,「調査」といった,批判的思考を喚起するキーワードをクエリ補完やクエリ推薦時に提示することで,ウェブ検索中のユーザに注意深い情報探索を暗黙的に促す.

これまで,信憑性の高いウェブ情報の取得を支援するアプローチとして,証拠情報の検索システムや反証が存 在する情報の検知システム,信憑性判断時に重要となる指標に沿ったスコアの可視化システムなアイデアが提案されてきた.しかし,ユーザが信憑性に注意を払わず情報を精査しようとする意志がなければ,こういったシステムに必要性を感じない可能性がある.また,人は自分の意見や信念と対立する情報が存在 することを知っていても,事前に抱いている信念や意見, 先入観を支持する情報を優先的に選ぶ傾向がある.これらの問題を解決するために,クエリプライミングはユーザに批判的ウェブ情報探索行動を促す.

発表資料

参考文献


静岡大学 情報学部 行動情報学科

Yamamoto LAB

Don't look for answers immediately. Think slowly.

私たちの研究室では,Slow Informaticsというコンセプトのもと,情報技術による自動化・効率化が進む社会において,人々に気づきを与え,じっくりと情報処理を行う機会を提供する情報インタラクション技術や方法論について研究開発を行っています.