Slow Informatics Laboratory Get in Touch

Get In Touch

当研究室への配属を希望される方,研究プロジェクトにご関心のある方,共同研究をご希望の方は,下記フォームよりお問い合わせください.

描写のうまさをフィードバックする文書作成システム

読書の想像をかき立てる文書の作成を支援

提案システムは,執筆中の文章から情景や登場人物の心理,行動がどの程度想像しやすいかを分析し,その程度をリアルタイムにフィードバックし,文章作成者に推敲を促すものである.

物語を書くのは難しい.読者の想像を掻き立てるような具象性の高い描写を生み出すのは至難の業である.提案システムによって,文書執筆者は自分の描写を客観的に見直せるようになり,より具象性の高い描写を文章で表現できるようになることが期待される.

参考文献

伊藤 大貴:「物語文の具象性をフィードバックする文書作成インタフェース」, 静岡大学 卒業論文 (2020).


静岡大学 情報学部 行動情報学科

Yamamoto LAB

Don't look for answers immediately. Think slowly.

私たちの研究室では,Slow Informaticsというコンセプトのもと,情報技術による自動化・効率化が進む社会において,人々に気づきを与え,じっくりと情報処理を行う機会を提供する情報インタラクション技術や方法論について研究開発を行っています.